首のイボの薬ならこれが人気!

首のイボの薬で口コミ人気の高い商品をご紹介します。首にイボができているとなんとなく老けて見えてしまって嫌ですね。さらに放置しているとどんどんイボの数が増えてくるような気もしますね。首のイボを治すにはどんな薬が向いていると口コミで評判なのでしょうか。

 

首のイボは、皮膚科に行って液体窒素やレーザーで切除してもらうことができます。しかし、病院によっては色素沈着を残す可能性があるのでそういった処方を行わない病院もあります。そのような皮膚科では手術用はさみで首のイボを切除します。麻酔をしなくてはいけないので、口コミを読んで怖いと感じる方も多いでしょう。

 

首のイボは物理的になくなっています。でも首のイボができる体質を何とかしない限りはまた首のイボが再発してしまいます。そのたびに皮膚科に行かなければいけませんね。時間的、またコストを考えても無駄だと思います。。
皮膚科に行かずに首のイボを治すことができるのか、また、日頃からイボができないようにするためのお手入れはないのかまとめました。

 

首のイボで皮膚科で出される薬

首のイボで皮膚科で出される薬は首のイボの種類によって違います。

 

首のイボには大きく分けて2種類あります。

 

一つは体質や加齢によってできる首のイボです。イボというと年齢を重ねた方ができることが多いような気がしますが実は若い方でもできます。できやすい体質の方と出来にくい体質な方がいるのです。

 

もう一つがウイルス感染が原因の首のイボです。ウイルス性イボには2つの種類があります。

 

いわゆるプールなどで感染する水イボや思春期以降にできるイボヒトパピローマウイルスが原因のイボです。ウイルスが原因の人は早めに治療しないとどんどん増えてしまうので病院に行くようにしましょう。

 

首のイボの薬には塗り薬と飲み薬があります。飲み薬では漢方薬を処方されることもあります。ヨクイニンという内服薬を処方されることが多いです。しかし、ヨクイニンを飲んでもかなり首のイボが治るまで時間がかかってしまいます。イボを直接治すというよりも体の免疫力を向上させてウイルスの力を弱くするという方法だからです。

 

しかし、レーザーや液体窒素で切除するのがどうしても怖い方、また嫌な方は飲み薬で治すしかありませんね。

 

また、レーザーや液体窒素での切除の後も塗り薬を塗ることがあります。

 

首のイボの名前

首のイボと一言で言いますが大きさによって名前が異なります。

 

2〜3ミリの大きさのものをアクロコルドンといます。アクロコルドンは首筋や脇にできることが多く、数がたくさんできる傾向にあります。

 

1cmくらいのものを軟性線維腫と言います。それよりももっと大きいのが懸垂性線維腫といいます。これは大きく垂れ下がっているイボです。

 

軟性線維腫や懸垂性線維腫ができた場合はさすがに自力で治そうと思う方はいないでしょう。しかし、アクロコルドンの場合は、小さいこともありまた、数が多いので一つ一つレーザーや液体窒素で切除するが怖いので塗り薬でゆっくり治そうと思う方もいるかもしれません。

 

塗り薬や首のイボができる原因

首のイボができやすい方には原因があります。下着や服による摩擦、紫外線が原因と言われています。ただし、具体的にこれといった原因が特定されているわけではありません。このようなイボができている場合、皮膚科に行って切除した後に自分でも出来るお手入れをしましょう。

 

首のイボのお手入れにおすすめの口コミ人気商品を集めました。

 

クリアポロン

首のイボに効果的な成分であるヨクイニンをダブルで配合しています。脂溶性ヨクイニンと水溶性ヨクイニンです。これだけではなく保湿効果の高い成分や新陳代謝をアップさせる成分などが21種類も配合されています。

 

こちらのクリアポロンを使用するようになってイボができにくくなったという口コミも多いようです。もともと顔のお手入れは一生懸命するのに首の手入れはしない方がほとんどでしょう。

 

そんな方が真面目に首のお手入れするようになるとやはり変化を感じやすいのかもしれません。

 

艶つや習慣

艶つや習慣とはクリアポロンと同じオールインワンタイプのジェルで美容成分も配合されているので口コミ人気が高いです。

 

 

首のイボの薬を使いたい方への注意

 

首のイボにイボコロリが使えるのか気になってる方が口コミを見ると多いようです。イボコロリにはサリチル酸という成分が配合されています。サリチル酸で角質を溶かして首のイボを取るのです。しかし、イボコロリは足の裏など角質の厚い部分にしか使えません。顔や首、粘膜などの皮膚が薄い部分には使用することができないのです。

 

溶かしてイボを取るのでさすがに顔や首などには使うのは怖いですし、そのように作られた薬ではありません。

 

ただし、首のイボを自宅で薬で治す場合はどんなイボでも自宅で治せるわけではないので、色が急に大きくなったり出血する、もともと色がついてなかったのに黒や茶色などいろんな色が出始めたり、直径が7ミリ以上と大きくなったものはすぐに病院に行くようにしましょう。

 

なぜなら皮膚がんなど悪性の腫瘍の可能性があるからです。また、普段から紫外線や摩擦など首に当てないように光に当たらないように洋服でガードするといった対策も必要です。

 

その上で、首のイボに効く薬で口コミ人気の商品を使うようにしましょう。